So-net無料ブログ作成

凛の会元会長、一部無罪 郵便不正 調書の信用性否定 大阪地裁判決(産経新聞)

 障害者団体向け割引郵便制度をめぐり、厚生労働省に偽の障害者団体証明書を発行させて郵便料金約3億7700万円の支払いを不正に免れたとして、虚偽有印公文書作成・同行使と郵便法違反の罪に問われた障害者団体「凛(りん)の会」元会長、倉沢邦夫被告(74)の判決公判が27日、大阪地裁であった。横田信之裁判長は、虚偽有印公文書作成・同行使罪は無罪とした上で、罰金540万円(求刑懲役1年6月、罰金540万円)を言い渡した。検察側は控訴する方向で検討している。

 横田裁判長は、厚労省元局長、村木厚子被告(54)の公判も担当している。偽の証明書発行をめぐって倉沢被告に無罪が言い渡されたことで、検察側の描く構図が崩れた格好。全面無罪を主張する村木被告の公判にも大きな影響を与えそうだ。

 判決で横田裁判長は、倉沢被告が村木被告に面会して便宜供与を依頼し、村木被告が「何とかしましょう」と言ったとされるやりとりや、その後、村木被告に具体的に公的証明書発行を迫ったとする検察側主張について検討。こうした内容が客観的証拠に整合しないとして、「倉沢被告や関係者の検察官調書の供述の信用性には疑問の余地がある」と指摘した。

 その上で、「証明書が虚偽とは思わなかった」とする倉沢被告の主張について、「議員の口利きで発行されたのではなく、一応の資料を整えていたと考えていた疑いが残る。故意があったとはいえない」と認め、「社会的には非難されるべきだが、犯罪の証明がない」と結論づけた。

 倉沢被告は、平成16年6月、当時厚労省企画課長だった村木被告らと共謀して証明書を偽造し、郵便局に提出。また、18年11月〜19年3月、大手家電量販会社「ベスト電器」などのDMに、割引郵便制度の適用を受けない刊行物を同封して発送し、正規料金との差額約3億7700万円を免れたとして起訴されていた。

無法「撮り鉄」撮られてた 大阪府警、人物特定へ JR関西線侵入(産経新聞)
中国毒ギョーザ 警察庁で日中情報交換会議(毎日新聞)
<足立火災>重体の女性死亡(毎日新聞)
<口蹄疫>周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州(毎日新聞)
弁護側の同意ない調書 検察、誤って読み上げ(産経新聞)

<改正貸金業法>政府 6月18日の完全施行を決定(毎日新聞)

 政府は20日、借入総額を年収の3分の1に制限する「総量規制」を盛り込んだ改正貸金業法の完全施行を6月18日に実施することを閣議決定した。規制強化で借り手の資金繰りが苦しくなることも予想されるため、総量規制に抵触する場合でも、返済条件を緩和するための借り換えを認める方針も決めた。

 総量規制に抵触する借り手は全体の5割に上る見込み。新規融資が受けられなくなると、毎月の返済負担が過大になる恐れがあるため、返済期間を延ばして毎月の返済額を減らすための借り換えを例外的に認める。また、個人事業主は総量規制の対象外とする。

 同法は多重債務問題の深刻化を背景に06年12月に成立し、段階的に施行されてきた。今回の完全施行では、総量規制のほか、出資法の上限金利(年29.2%)を利息制限法と同じ年15〜20%に引き下げて、グレーゾーン金利を廃止する。【中井正裕】

【関連ニュース】
改正貸金業法:「総量規制」認知は3割だけ
改正貸金業法:条件緩和策を正式決定 実効性に疑問の声も
金融庁:借り手の資金難回避策 改正貸金業法の施行で
ファイル:数字・言葉・経済 改正貸金業法緩和策を正式決定
改正貸金業法:「総量規制」認知は3割だけ−−業界団体アンケ

公明幹事長、米軍基地移設問題で「責任の取り方を注視」(産経新聞)
手塚治虫文化賞大賞に山田芳裕さん(時事通信)
「パンでおびきよせ」鹿撃った、女認める(読売新聞)
<東金市長選>志賀氏が4選 千葉(毎日新聞)
亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」(読売新聞)

<青森地裁>職場にウェブカメラを無断設置 執行官処分へ(毎日新聞)

 青森地裁と地裁弘前支部に勤務する複数の執行官が、無断でそれぞれの職場にウェブカメラを設置し、職員の仕事ぶりを一部執行官の間で見られるようにしていたことが15日、分かった。設置した執行官はいずれも「仕事ぶりに不満な同僚がおり、カメラの存在に気付いて、緊張感を持って仕事をしてもらいたかった」と説明しているという。地裁は「不適切な行為」として処分する方針。

 地裁によると、執行官は昨年初め、職場で使うパソコンの上部などに私費でカメラを設置し、限られた執行官同士で映像を見られるようにした。その後、職場の様子が映るようカメラの向きを変えた。

 カメラを向けられていると気付いた職員が先月末、地裁幹部に苦情を申し立て、発覚した。地裁が執行官から事情を聴いたところ、両裁判所に勤務する複数の執行官が撮影を認めたという。執行官は「録画したりはしていない」と話しているという。

 地裁総務課の角掛(つのかけ)孝市課長は「関係者に不快感を抱かせたことは遺憾だが、執行官が特定されるので、その人数や性別などは言えない」と話している。【三股智子】

住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度−政府(時事通信)
運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)
空自の緊急発進、昨年度299回=ミサイル発射前後の北朝鮮機に8回(時事通信)
大阪・池田、神戸の2教会に消火器 関連を捜査(産経新聞)

奈良公園のシカに矢 撃った容疑2人逮捕(産経新聞)

 奈良公園(奈良市)内の春日大社参道で、メスジカが矢で撃たれ死んだ事件で、奈良県警は13日、文化財保護法違反容疑で、津市芸濃町の飲食店経営、稲垣銀次郎(39)と知人で三重県亀山市みずほ台、飲食店員、伊達恵(37)両容疑者を逮捕した。稲垣容疑者は「シカを売れば金になると聞いた」と容疑を認め、伊達容疑者は「奈良に一緒に行ったが、私はやっていない」と否認しているという。

 逮捕容疑は共謀して3月12日夜〜13日未明、奈良公園内でボーガンの鉄製の矢でメスジカを撃ち、肺を貫通する傷を負わせたとしている。奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、このメスジカは15日に死んだのが確認された。

 県警によると、稲垣容疑者が「『シカ肉を食べないか』と話している」といった情報が寄せられ、捜査。3月12日夜、奈良市内のコンビニ店の防犯カメラに稲垣容疑者の姿が写っていたという。

3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
原口総務相、ユーストリームで“ゲリラ会見” 広報室「聞いてない」(産経新聞)
殺人容疑で同居女再逮捕=トランクケース女性遺体−警視庁(時事通信)
元日に近鉄社員が勤務中飲酒 車庫内で電車運転(産経新聞)

石原氏「民主党はみんな腰抜け」 新党旗揚げ会見(産経新聞)

 石原慎太郎東京都知事「皆さん、こんにちは。石原です。まずもってね、国民を代表して、与謝野さん、平沼さん、園田(博之衆院議員)さん、中川(義雄参院議員)さん、藤井(孝男参院議員)さんにこの決断に心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。特にですね、平沼さんや与謝野さんはですね、本当に、まさにかろうじて死線を越えてきた政治家ですよ。私の父親はね、造船を建て直すために、混乱している戦後にがんばりすぎて脳梗塞(こうそく)を2回起こして、3度目には亡くなりました。平沼さんもですね、脳梗塞で倒れた心情というのは、これは本当に本人にしか分からない悲痛なものがあったと思います」

「与謝野さんはですね、喉頭(こうとう)がんをやられている。あの病の最終に私、彼と一度、会う機会がありましたが、声もろくに出ずに、ネクタイがですね、首を絞めて痛いから、彼、ネクタイできずに国会の中でも許しを得てアスコットタイを結んでね、議場に出てた。実は同じ病気でつい一昨日、私の天資の友人が死にました。喉頭癌で。まだね、齢65、66歳の男でした」

「そういう人生の険しい峠をかろうじて越えてね、立ち返ってきたこの2人がそれぞれ代表になってですね、決心をしてくれた。これはホントに尊いことだよ。しかしあなた方含めてね、この中に60の齢、超した人いますか? いたら手を挙げてもらいたい。いないでしょ。30代、40代、あ、1人いた、50代の人間はね。60代や70代を年寄りだとバカにするかもしれないけど、まさにね、齢いくら重ねても春の気概を持っている人間ってのは、今、与謝野さんが引用された詩にあるみたいに、自分の人生を越えた理想を持った人間は若く見える。並んだこの5人見ると、60、70代の年寄りばかりじゃないか、言うのは簡単だよ。簡単だけど、じゃあ、30代、40、50の中に、われわれと同じくらい、この国を憂えている人間がどれだけいるんだい?」

「民主党を見てみろよ。みんな腰抜けじゃないか。僕らね、30代、40代の時に、本当に恐ろしい権力をもった田中角(栄・元首相)さんの金権と正面から戦う。青嵐会作ってやったんだ。中国のいいなりになって角さんが2週間で上げるという日中航空協定を私たち体を張って、あのときは外務省も一緒になって泣きながら反対して、2カ月半抵抗して、結局通された。あの後で、永野重雄さんらが言ってくれたのは、日中国交回復して代表団を迎えたときに、まず永野さんは、私は永野さんは知己を得てましたが、『周恩来がわれわれを歓迎してくれたときに非常に君たちのことをほめてたよ。ついていった財界人の誰かが、周恩来が、われわれはこれからのすべての日本人を歓迎する、と言ったら、おべっか使って、あの青嵐会のものどもですって言ったら、周恩来は呵々として笑って、いや、私は彼らを非常に評価しますよ。私は昔日本に長いこといた。日本人をよく知っているが、このごろ日本人はだいぶ変わってきましたな。しかし、昔ながらの日本人がいますね。彼らはそうですよ』と言ったそうだ」

「青嵐というのはね、私が付けた名前だけどね、(周恩来は)『中国語でもっとも美しい言葉の一つです』と言ってくれたそうだ。永野さんっていうのは、私、かわいがってもらってたから、お世辞言ってくれたのかと思ったら、後になって裏が取れた」

「まあ、なんで今の民主党の若い連中ってのは国民からひんしゅく買ってるこの金権政治に体を張って戦わないのかね。あなた方、そうじゃないか。われわれ、年代の年寄りを揶揄(やゆ)するのは簡単だよ。一緒にやってくれよ、何か。ホントにそれを訴えたいよ。ホントに今のメディアの特質はね、ホントにシニックで、人を誹謗(ひぼう)して、足引っ張って。それであなた方は第4権力かなんか知らんけども、権力を行使してエクスタシーを感じるかもしれんけど、何も生まれてこないよ、その中から。ここにね、この2人をトップにして、この5人なんですけど、本当に必要な、とにかく自分の人生を捨てたつもりでも決心をしてくれたってのは、この最近の日本の中で珍しいことじゃないんですか。国民だってそれを必ず評価して認めてくれると思いますしね」

「とにかくね、私はこのホテルの中にあるスポーツクラブに昔からいますけども、大体メンバーってのは高齢者が多いんだが、このごろ時候のあいさつはしなくなった。久しく会うメンバーに話を仕掛けると、『時に石原さん、この国どうなるんかね』。みんな同じこと言うよ。君らがもってない危機感をね、われわれ年寄りは持っているんだ。あなた方、人生の中でね、まあわずかしか生きてこないけど、私たちは戦争の記憶持ってる。私も戦争の体験がある。その人間がね、自分たちの短くもない過去を振り返ってみて、人生の中で相対感覚でね、この日本は落ち込んできたなあという実感、ひしひし持ってるの」

「あなた方は本当に平板にぬるぬる生きてきたから、その自覚ないかも知らんけどね、これは私たちはね、戦争始まってはらはらしていたら、大勝して、大勝してシンガポール陥ちたんだ。だが、あっという間に逆転して原爆でこの国は滅びる寸前まで行ったけど、アメリカの庇護(ひご)で立ち直ってきた。そして、あの戦後の荒廃、混乱の中からなんとか立ち上がってきた。高度成長、享受しているうち、日本の経済、なんか危なくなってきた。私は役人の言いなりになってですね、役人に使われている自民党の政治家にうんざりしたから辞めたんだ。私、予感当たったと思いますよ。自民党はは厚生省に滅ぼされた。自民党は。あなた方ものんびりしてるんだよね。あんなに年金の破綻(はたん)がきてね、フランスやイギリスだったら自覚ある市民はもう政府を越えて政党を越えて、政府を倒すような、要するに運動が起こったと思いますよ。日本では起こらない。選挙でその結果が出ただけの話で。まあ、これもね、のんびりしていいのかも知らんけど、それじゃあ、とても追いつかない、日本は来たと私は思う」

「だからね、この5人がですね、立ち上がってくれた。本当にこれは尊いと思う。年寄りだよ、私たちは。まさに年寄りだよ。年寄りがこうせざるを得ないようにだれがしたんだ。30代、40代、50代の人間にがんばってもらいたい。この国を考えて。まあね、本当にそういう心理で私はね、この5人に共感してね、それで応援団長を務めようということに名乗りを上げました。今後、本当にがんばってもらいたい。それで皆さんね、同じ日本人なら心意気に感じて、とにかく支えてもらいたい。揶揄して足を引っ張るのは誰でもできるよ。そんなことは。国民は決してそんなこと許さんよ。皆さんの力を貸してください」

「誰のためだよ、この政党のためじゃない。日本のためにみんなでこの辺で心構えを変えてね、よほどしっかりしていかないと、この国は本当にこのままずるずるずる落ち込んで、ジェットコースターの急降下じゃないけど、急降下の先に水落ちて上がってくりゃいいけど、上がってこない国になっちゃうな。まあ私は微力ですけど、この5人のためにがんばりますから。やっぱり年寄りなんで年寄りで、いろいろな力もある。ないものもあるけど、これから若い人たちに話しかけて、若いね、フレッシュなね、あっと驚くような候補者を立てこの参院選、戦います。がんばります」

 藤井氏「今日決定した党名は『たちあがれ日本』だ。シンボルロゴマーク、みんなで真剣に検討し、シンボルに決まった。主たる意味は日の丸。日がのぼる日本。海があり、山、富士山がある美しい国。そこに住まう日本人。その日本人の伝統と精神を象徴するシンボルマークだ。日本国は海洋国家。海から日がのぼる。荒波をかきわけ立ち上がる。そんなイメージをデザインした。また英語表記だが、『THE SUNRISE PARTY OF JAPAN』としたい」

 −−結党の趣旨、綱領をみていると郵政民営化の記述がない。抜け落ちた理由は何か。また政界再編のイメージは。民主党との連携は

 園田氏「まず、これ以外の具体的な政策についてご質問があった。これは次の段階で参院選を戦うためにも政策は具体化、段取りなどもご説明しなければならないから、その中でご提示するつもりだ。ただ、すぐ郵政は平沼代表と与謝野共同代表が、あのときに対応が違ったので違うのでないかと言われるが、これは見直しをいたします」

「ただし、与党がやっている見直しの観点と違う。全国、どんな田舎に住んでいる方にも、郵政3事業、郵便事業、貯金、保険。この3事業が必ず行き渡るようにしていく。ただし、あのとき決めた完全民営化の原則は変えない。従って貯金も保険も完全民営化をする。ただ2つの会社に対しても、今後とも全国どの地域にいてもサービスを続けなければならない。そういうものを、まず第一の手直しとする。そのほかのことについては、それに関連し、例えば特定の外国資本に乗っ取られる恐れはないのか。株を売るつもりのない郵便局や郵便事業会社が別々にやることが、地域住民に混乱を生じさせていないのか、などの大事な観点から見直ししてご提案したいと思う」

「政界再編はね、私はよく2大政党といわれるが、まず2大政党の体をなしていないということだ。現実に政権をとった民主党があの体たらくでしょ。国の責任を請け負ってもらえない。対抗勢力の自民党が、それに対し次の時、政権を取り返す態勢になっていない。つまり、2大政党が正しいかどうか別にしても、その2大政党の姿にすらなっていないということだ。われわれは今度こうやって日本が危ないと思って打ち立てた新党は、数は少ないけども、片方の大事な政党の勢力になりうるようにすることが、政界再編を進めることに必ずなるだろうと思う」

 藤井氏「昨年政権交代となった。鳩山内閣が連立政権を組んだ。私はその内閣の顔ぶれをみて、これではとても立ちゆかなくなるだろうと思った。その後、政治とカネとかいろいろな問題があったが、普天間の問題などでも大変な混乱が起きていると思っている。政策で郵政民営化、そうでないなどの話があった。もう法案も成立し、園田さんからも話があった。それより根本的な自主憲法、あるいは安全保障、それと全く違う政党が内閣を組織する。それが日本を危うくする。このままでは立ちゆかなくなるという危機感を持っている」

「政界再編は、近く参院選が行われるが、われわれは何としても立派な政党として頑張っていきたい。私は自民党の中でも今のままではとても勝ちきることはできない、乗り切れないという方が同志の方でたくさんいると思う。私はそれは民主党の中にもたくさんいると思う。独裁的な民主党、イデオロギーが全く違う政権がこのまま日本を滅ぼすのでないか。そういう危機感をもって発起人になった。そういう意味で、ぜひ今後の私どもの政策遂行にあたってご理解いただきたい」

【関連記事】
新党応援、憂国の石原知事「血が煮えたぎっている」
平沼氏「民主政策集は売国的な法案の羅列」
「時計の針戻さない」 首相、新党旗揚げに
平沼新党、3月に「たちあがる」はずだった?
「たちあがれ日本」結党 打倒民主で政界再編
「中国内陸部の資源事情とは…?」

与謝野氏離党 谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)
神奈川県不正経理、元職員2人を詐欺容疑で逮捕(読売新聞)
<カタクリ>薄紫色の花が魅了 栃木・那珂川の公園(毎日新聞)
西大寺 唐人官僚名ある墨書土器初出土 奈良(毎日新聞)
放火 銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)

<公務員法案>審議入り 次官級ポストなど巡り「改革競争」(毎日新聞)

 政府提出の国家公務員法等改正案と、自民党とみんなの党が共同提出した対案が6日の衆院本会議で審議入りした。部長級以上の600ポストを同格と見なし、次官級から部長級への降格や逆の昇格も柔軟に行える「政治主導」の人事実現を優先した政府案に対し、対案は事務次官・次官級ポストの廃止や課長級以下への降格も盛り込まれ、「改革競争」の様相を呈している。

 「政府案は驚くべきことに麻生内閣の法案(廃案)よりはるかに後退している。民主党は天下り根絶を断念した」。本会議で対案の説明に立った自民党の塩崎恭久元官房長官は声を張り上げた。

 野党側が特に問題視するのは「内閣人事局」の規模。08年6月に成立した国家公務員制度改革基本法は、総務省の定員管理や人事院の機能を移管した数百人規模の内閣人事局を施行後1年以内に発足させると規定しているが、今回の政府案は「3年以内」と先送りし、当面は部長級以上の人事案の作成や調整が主な業務の数十人規模となっている。

 塩崎氏は「与野党合意で成立した基本法を思えば、あり得ない暴挙だ」と非難。仙谷由人国家戦略担当相は「今回の法案は第一歩。内閣人事局で引き続き労働基本権や、定年まで勤務できる環境、抜本的な改革を進める」と理解を求めた。

 場外戦も盛り上がる。みんなの党の山内康一国対委員長は6日の記者会見で「どう考えても政府案より我々の案の方が政治主導確立に適した法案だ」と胸を張ったが、民主党の山岡賢次国対委員長は党の会議で「みんなの党は公務員(制度改革)で(考えが)合わない、と自民党を出た人たち。自民党と一緒に対案を出すのは不思議だ」と指摘した。

 仙谷氏も記者会見で「文言上厳しく見えるものを出しても、あなた方(自民党は)ここ20年、何をやってきたんだ、という話に過ぎない」と述べ、事務次官を頂点とする各省庁との蜜月関係を誇った旧政権を皮肉った。鳩山由紀夫首相は「修正協議に応じるつもりはまったくない」と原案通りの早期成立を目指す考えを記者団に示した。【青木純、野原大輔】

【関連ニュース】
天下り:資格試験委託の公益法人で9割超 仕分けの対象に
公明:民主と修正協議へ 子ども手当て法案など
社説:公務員ビラ無罪 注目すべき問題提起だ
社説:原口一博様 もう少し的を絞っては
枝野行政刷新相:4月にも仕分け作業開始 就任会見で抱負

「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社−長野(時事通信)
<往来危険容疑>線路に2キロの砂袋、特急が急停車 京都(毎日新聞)
拳銃と覚醒剤隠し持つ 銃刀法違反容疑などで男を逮捕(産経新聞)
<ジュニア本因坊>神奈川の石原君が優勝(毎日新聞)
普天間移設、首相またブレるも「大きな話でない」(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。