So-net無料ブログ作成

コンビニで買っているスイーツといえば(Business Media 誠)

 あなたはコンビニでどんなスイーツを買いますか? コンビニでスイーツを買うという人(80.3%)に聞いたところ「シュークリーム・エクレア」(57.9%)と「プリン・パンナコッタ」(57.2%)と答えた人が多いことが、マイボイスコムの調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 このほか「ケーキ」(40.5%)、「ヨーグルト」(32.9%)、「ゼリー・ジュレ」(18.8%)、「ムース・ババロア」(15.3%)と続いた。

 一方、コンビニでスイーツを買わないという人(19.0%)に、その理由を聞いたところ「価格が割高と感じる」(46.9%)と答えた人が断トツ。次いで「おいしくない」(13.7%)、「スイーツの種類が少ない」(12.7%)、「添加物が多く身体に悪そう」(9.7%)、「カロリーが高そう」(6.3%)という結果に。

 コンビニ以外の場所では、どんなスイーツを購入しているのだろうか。スイーツ購入者に聞いたところ「ケーキ」(74.4%)と答えた人が最も多く、以下「シュークリーム・エクレア」(56.7%)、「プリン・パンナコッタ」(50.5%)、「ヨーグルト」(41.8%)、「和菓子」(38.9%)だった。

●コンビニでのスイーツの購入金額

 コンビニでスイーツを買う場合、スイーツにかけられる金額はいくらくらいだろうか。1回当たりの上限金額を聞いたところ「150円〜200円未満」(21.8%)と答えた人が最も多く、次いで「100円〜150円未満」(17.4%)、「250円〜300円未満」(14.8%)と続いた。

 コンビニで売っていればいいなあ、と思うスイーツはどんなものだろうか。全員に聞いたところ「温かいスイーツ(アップルパイのような)があれば買ってみたい」(男性17歳)、「お酒風味のスイーツもしくはお酒に合うスイーツがほしい」(男性41歳)、「ロールケーキが手軽でおいしくていい。チーズケーキもありがたい。ケーキ屋さんに行くと1個だけ買うのはちょっと恥ずかしいので」(女性36歳)といった意見があった。

 インターネットによる調査で、全国の男女1万2912人が回答した。調査期間は5月1日から5月5日まで。

【関連記事】
自分へのご褒美……40代男性は発泡酒をビールに、20代は?
1000円で甘いモノ何軒食べ歩けるか?――御徒町〜湯島編
プリンアラモードはどこへいった?
女性に人気のコンビニスイーツは?

<ミツバチ大量死>ウイルスが影響 死がいから農薬も 畜産草地研など調査(毎日新聞)
特定看護師モデル事業、実施案まとまらず―チーム医療WGが初会合(医療介護CBニュース)
巡査長、捜査書類隠す=発覚恐れ失跡、書類送検―福岡県警(時事通信)
参院選で安藤氏ら5人の推薦を決定―日病の政治連盟(医療介護CBニュース)
タクシーが炎上、中から遺体見つかる/藤沢(カナロコ)

<普天間移設>社民、閣議了解せず 「5月末決着」に異議(毎日新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は16日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府が月内に閣議了解する予定の対処方針に関し、県内移設が含まれる場合は閣議了解に応じない考えを示した。視察先の宮崎市内で記者団に語った。平野博文官房長官らは「閣議了解」をすることで、鳩山由紀夫首相が掲げた「5月末決着」に一定の形を付けようとしているが、福島氏の発言はこうした思惑に異議を唱えるものだ。

 福島氏は記者団から閣議了解に応じないのか、と問われ「はい。その通りです。沖縄を見捨ててはならないというのが社民党の考え方。新たな負担を強いることはできない」と述べた。

 これに対し北沢俊美防衛相は同日、長野市内で記者団に「大局的には同意していただかないと困る。中身が提示されて断っているのではなく、自分たちの主張を前倒ししてけん制しているという政治的な発言という色合いが濃い」と指摘した。

 政府方針は沖縄県名護市辺野古周辺に、くい打ち桟橋(QIP)方式などで代替施設を造り、鹿児島県徳之島に部隊か訓練の一部を移転する案を軸にしている。【小原擁、仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:「人間の鎖」1万7000人 沖縄
普天間移設:鳩山首相、審議官級協議者から報告
普天間:官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」
普天間移設:「改めて県外」沖縄知事、鳩山首相に要求
普天間移設:平野官房長官、15日に鹿児島市を再訪問

野党、口蹄疫拡大で集中審議を=郵政法案、午後審議入り(時事通信)
新たな高齢者医療制度でヒアリング−厚労省(医療介護CBニュース)
焼け跡から男性の遺体=殺人と断定、捜査本部設置−千葉県警(時事通信)
<たちあがれ日本>消費税増税 園田幹事長「野党が提案を」(毎日新聞)
医師も参加し路上喫煙禁止の啓発(産経新聞)

<豊川一家殺傷>長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、県警豊川署は岩瀬一美さん(58)への殺人容疑などで送検した長男の高之容疑者(30)が5人を刺した後に自宅に放火したとして、7日に現住建造物等放火容疑で再逮捕する方針を固めた。また、引きこもり状態にあった高之容疑者が一美さんの給料を管理していたのは、一美さんの側から高之容疑者に管理を任せ、自立を図る目的だったことが捜査関係者の話で新たに判明した。

 高之容疑者は4月17日午前2時ごろ、自宅2階の自室の布団にライターで火をつけ、2階部分を半焼させた疑いが持たれている。同署によると、逮捕直後の調べに「家も燃えてしまえと思った」と供述していた。

 捜査関係者によると、高之容疑者は7日、殺人容疑などでの拘置期限を迎えるが、名古屋地検は処分保留にする模様。地検は今後、高之容疑者の精神状態を調べるための鑑定留置を申請するかどうか検討するとみられる。

 同署のこれまでの調べで、高之容疑者はインターネットを解約されたことに腹を立て、一美さんとめいの金丸友美ちゃん(1)を包丁で刺して殺害し、母(58)ら3人を刺して重軽傷を負わせたとされる。このうち、一美さんへの殺人容疑と3人への殺人未遂容疑での拘置期限を7日に迎える。【沢田勇、山口知】

【関連ニュース】
愛知5人殺傷:長男、対人関係苦手なまま大人に
愛知5人殺傷:めい殺害容疑で再逮捕
愛知5人殺傷:長男を殺人容疑で再逮捕へ めい殺害で
愛知5人殺傷:長男を簡易鑑定へ
愛知5人殺傷:県の機関や警察の助言でネット停止

「裁判員裁判から除外を」、組幹部の請求を棄却(読売新聞)
飲酒し自転車でひき逃げ=重傷負わせた男書類送検−警視庁(時事通信)
首相が沖縄訪問 「負担を分かち合うという気持ちを」(産経新聞)
もんじゅ、運転再開=ナトリウム漏れ事故から14年−核燃料サイクルの中核(時事通信)
郵便不正 共謀者は有罪…矛盾判決、調書採否が原因(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。