So-net無料ブログ作成

<天皇、皇后両陛下>障害児と交流 岐阜の支援学校(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は12日、岐阜市の同市立岐阜特別支援学校を訪れた。知的障害などのある生徒の学校で、小学部、中学部、高等部で計220人が在籍し、両陛下は肢体などの機能回復に取り組んでいる生徒らの様子を視察した。皇后さまは男子生徒のほおをなでたり、手を握るなどして励ました。

 また、中等部でダンスを見学した天皇陛下は、生徒たちに「ありがとう。元気でね」とやさしく声をかけた。両陛下はその後、同市内のホテルで、第30回全国豊かな海づくり大会の絵画と習字の優秀作品を鑑賞した。

井上ひさしさん 西鶴で文楽の新作 豊竹咲大夫さんと約束(毎日新聞)
「無罪勝ち取り、出直したい」 前大阪・枚方市長、近く政治活動再開へ(産経新聞)
コンビニ本部の部長装う 清掃代金名目で加盟店から38万円詐取  (産経新聞)
<与党>所信表明演説11日を提案 国対委員長会談(毎日新聞)
代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)

「自分の言葉で首絞めた」=小泉元首相(時事通信)

 小泉純一郎元首相は2日夜、千葉市で開かれた会合であいさつし、鳩山由紀夫首相の退陣表明に関し「鳩山首相は自分の言葉で自分の首を絞めた。言葉は大切にしなきゃいけない」と語った。
 小泉氏は「新しい首相が任命されると、(平成の)22年の間に16人目の首相になる。『チェンジ、チェンジ』と言っても、代わりすぎだ」と指摘。「今までは何か悪いことがあると、自民党のせいにすればよかった。与党のつらさ、与党の責任の重大さを分かってもらうには、民主党にしばらく政権を続けてもらいたい」と皮肉った。 

【関連ニュース】
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真ニュース〕福島党首と談笑する鳩山首相
〔写真ニュース〕手を合わせる鳩山首相
〔写真ニュース〕国民新党の決起集会で握手する鳩山首相
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月

<最高裁>親子見学会、7月下旬に開催(毎日新聞)
ヤエヤマボタル 森に幻想の光 石垣島(毎日新聞)
SB配信サービスにブーイング 「紙面全部読み放題」じゃなかった(J-CASTニュース)
「首相の進退、判断必要」民主参院幹部(読売新聞)
社民、内閣不信任案に賛成へ 幹部会合で一致(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。